×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

5月21日SEA BOONバチ抜けシーバス大会


優勝 YS氏 勝利インタビュー\(^O^)/



今年の大阪湾堺港周辺は例年になく漁師の網入れが多く苦戦を強いられる
予感がしたが、大会当日一週間前には魚の状態も回復傾向に有った。
私自身、この一ヶ月は必ず週末の金土日と釣り場に通い、当日に
備えていた。前日の金曜日にはかなり良い感触を得ていたため、
当日はかなり期待していた。

ここで今年の堺港周辺のバチ抜けシーズンを
総括すると、バチはかなり小さめの2〜3?程、しかもスズキのサイズも
セイゴサイズの30センチまでが殆どを占めている。そのためかなりの
ショートバイトでアタックに対してフックアップ率が低く、またバラシも
多い。私は対策として伸びの少ないPEラインを止め、ナイロンの6lbを
使用し細かいバイトは拾わないようにした。フックも通常のトリプルフックを
外し、餌釣り用のイセ尼の6号もしくはマルセイゴ9号をダブルかシングルで
ケプラーとスレッドで接続し、フックアップ率を良くするチューニングを施し、
無駄なバレでポイントを潰してしまうのを防いだ。
ルアーは、ラパラのCD3か5のリップを削った物と、PROXのホロミノー3?。
表層をやや速めのリトリ−ブがよく当った。

更に当日参加した人には見てもらったが、秘密兵器として水中集魚灯も使用。
ポイントが混雑している時、外れたポイントをA級ポイントに変えるかも
しれない飛び道具だ。最近購入して使用回数は少ないが効果はなかなか。
所謂、明かり持参て感じか?文句がある人は今後明かりの下では
釣りをしないように!

 結果、以上の事が割り合い上手く行き計16本キャッチ出来、優勝する事が
できました。しかしやはり魚が小さく最後に3連続バラしで大会を終え、
またサイズもやはり小さく釣り的には消化不良となり、大会終了後も独り
釣り場に残り、グズグズと釣り続ける私であった。


K野氏もキャッチ(私ではありません・・・)


レポーター:YS